FC2ブログ

 キヤノンが1978年発売したA-1は、AE-1に始まる同社Aシリーズ一眼レフの最高級機種。当時のAE(自動露出制御方式)といえば、シャッタースビード優先式か絞り優先式のどちらかのみ搭載しているのが一般的であったが、A-1はそのどちらも搭載したうえ、初の完全自動プログラム式AEも搭載する高度な電子カメラであった。...

CANON New Canonet QL17-L (dupe by Nikon Z6) 1970年発売のフィルムカメラ、キヤノン New Canonet QL17-L(前回記事メンテナンス編はこちら)の試し撮りをしてみよう。ロケーションは千葉県印旛郡の印旛沼付近。なんかないかなと車でうろうろしていたところ風車を見つけた。使用したフィルムはフジのSUPERIA PREMIUM400ネガ。現像後Z6でフィルムデュープし、PhotoshopとLightroomで諧調反転と調整を行ってデジタルデータ化して...

■大ヒットシリーズCanonet後期モデル■ Canonet(キャノネット)は創業以来高級35mmカメラを手掛けて来たキヤノンが、1961年レンズシャッター式の中級35mmカメラの分野に参入した最初の機種。シャッターを押すだけで綺麗に写る完全自動露出のシャッタースピード優先式EE機ながら、明るいレンズとリーズナブルな価格が支持され、シリーズは2年半で出荷100万台を超える大ヒットとなった。...

Canon demi EE28 ◆レビュー◆

 08, 2019

■デザインが秀逸なCanonハーフカメラ"demi"■ demiはキヤノンが1963年から発売していたハーフサイズのフィルムカメラ。フィルムが高価だった時代、通常の倍の枚数が撮影できるハーフサイズカメラは、1959年に発売されたオリンパスペンの大ヒットによってブームとなったが、demiはハーフサイズカメラとしては後発にも関わらずデザインが秀逸で操作性が良く、一躍人気となったという。...