FC2ブログ

Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S ◆レビュー◆

 30, 2019

Nikon Z6 NIKKOR Z 24-70mm f/4S 1/800 F8 ISO100■Zマウントネイティブ標準ズーム第一弾■ Nikonのミラーレス「Z」シリーズのローンチと同時にリリースされた1本、F4通しの標準ズームレンズNIKKOR Z 24-70mm F4 Sのレポートをお届けしよう。まだまだZマウントレンズは数少ない為、おそらく多くのユーザーはマウントアダプターFTZ経由でFマウントレンズを主に使っているのではないかと推測するが、現状Zマウントレンズを買うべ...

CONTAX RTSⅡ CONTAX CarlZeiss Planar 1.4/50 ISO100 ■"標準レンズの帝王"Planar 50mmF1.4■ かつて標準レンズの帝王と言われたCONTAXのPlanar 50mm F1.4を導入した。Planar(プラナー)は1897年、天才数学者パウル・ルドルフにより発明された対称型のダブルガウス型レンズ。開発初期は構造上の弱点もあり、テッサーやゾナーほうがよく使われてたが、その後レンズコーティング技術が発達し、フランジバックの長い一眼レフがカ...

Nikon Z6 ◆レビュー◆

 14, 2019

■購入してわかったZ6のあれこれ■ フルサイズ・ミラーレス一眼と言えば長らくSONY一択の時代が続いていたが、近年Nikon、Canon、PanasonicにSIGMAまで参入を果たし、世はまさにフルサイズ・ミラーレス一眼戦国時代と化した。私も数年SONYのα7を使っていて、実は何度も売却しかけたのだけれども、オールドレンズ遊びの母艦として未だに手元から離せないでいる。とはいえD800ユーザーでもある私にとって、Nikonから発売されたZ7/Z6...

SONY α7 CONTAX CarlZeiss Distagon 2.8/28 1/60 ISO640■ヤシコンツァイス広角普及型ディスタゴン■ カール・ツァイスレンズを比較的安価に楽しめる選択肢のひとつとして、今はなきCONTAX製のオールドレンズを探してみるという手がある。CONTAXといえば独カール・ツァイスが1974年、日本のカメラメーカーヤシカとブランド等に関するライセンス契約を締結し、以後ヤシカの中でも高級機種に付けられたブランドである。その後1981年に...

FUJIFILM X-T20 FUJINON XF55-200mmF3.5-4.8R LM OIS F3.5 1/850秒 ISO400 ■Xシリーズ中価格帯望遠ズーム■ 富士フィルムXシリーズにラインナップされている望遠ズームでは中価格帯にあるのがXF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS 。35mm換算でおよそ80-300mm相当となり、1本で望遠レンズに求められる画角を広くカバーするとともに、まずまずのサイズ感で取り回しの良いのが特徴だ。...